女性の脱毛の悩みはウィッグで解消



女性の場合は、髪の毛はあって当然という意識があるので、男性に比べて、抜け毛が増えたり、脱毛・薄毛になってくると、そのときの女性のストレスは大変大きくなります。
女性にとっては「髪は命」とさえ言われる毛髪が抜け落ちたら耐え難い苦痛でしょう。




抗がん剤等の治療で悩まれる女性の気持ちがわかります。そうでなくとも病気による精神的なショックに加えて脱毛が起きる過程は耐え難いかも知れません。



抗がん剤治療をされる方で脱毛が起きると分っていれば早い目に医療用ウィッグなどを準備されて脱毛によるストレスを少しでも和らげ治療に専念できる環境を作りましょう。



抗がん剤治療をしたからと言って必ず脱毛が起きるとは限りません。投与される薬によっても脱毛が起きやすい場合とそうでない場合があります。
また、個人差もあり必ず脱毛が起きるとは限りません。治療前に担当医に相談すると良いと思います。



毛髪は同じものが成長し続けているわけではなく、一定期間成長した後、成長が止まって一度抜け落ち、また同じ毛穴から毛髪が生えるということを繰り返しています。



毛髪は、女性の場合は、だいたい4〜6年成長を続け、その後脱毛して、また新しい毛髪に生え変わるといわれています。



髪の1本1本が生え変わる時期はずれているので、毎日50〜100本は抜け落ちているはずです。
抜け毛がこの程度なら、心配はいらないでしょうが余りにも多くの毛が抜け落ちる場合は注意しましょう。

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

レディースアートネイチャー大展示会、試着会
ウィッグの寿命ってどれくらい?
新しいウィッグは使いやすいですか??
女性の脱毛症の割合は?
ウィッグと汗とサウナ


ヘアケア用品→シャンプー・トリートメント・カラーリング・パーマなどの製品が頭皮に合わずに、頭皮の荒れやトラブルで、毛根の毛穴のまわりのフケやアブラなどがたまってしまい、炎症を起こし脱毛が起きる場合がありますので注意しましょう。。




また最近増えているのが、過剰で不健康なダイエットによって栄養のバランスならびホルモンのバランスを崩して薄毛の原因になる場合があります。




いきすぎたダイエットは人間の髪に不可欠な栄養素が行き届かずまた健康・皮膚に対して多くのトラブルを抱え、そのひとつとして、脱毛が起こる場合もありますので行き過ぎたダイエットには注意しましょう。

posted by 髪ふさふさ at | 薄毛・抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性の脱毛症の割合は?


女性は男性に比べて薄毛や抜け毛が少ないと言われています。
しかし、薄毛に悩む女性は少なくありません。



薄毛の原因は様々ありますが、男性に比べて、女性の薄毛は改善の可能性が高いと言われます。


女性の薄毛には、最も多い薄毛のタイプの瀰漫性(びまんせい)脱毛症や、分娩後脱毛症、牽引性(けんいんせい)脱毛症、批糠性(ひこうせい)脱毛症、皮脂の過剰分泌が原因の脂漏性(しろうせい)脱毛症などがあります。




髪が全体的に薄くなるのが特徴の、瀰漫性脱毛症は女性のみの脱毛症です。
特に髪の分け目のあたりが薄くなり、皮膚が見えるようになります。


30代後半以降の女性に多く見られる症状です。
AGA(男性型脱毛症)とは違い、生え際の後退は見られません。
原因としては、老化、極度のダイエット、ストレス、経口避妊薬(ピル)、過度のヘアケアなどが挙げられます。




分娩後脱毛症は、妊娠後期に女性ホルモンの影響で長く成長期にあった髪が、出産後に女性ホルモンバランスが正常に戻って、一気に髪が休止期に入り、抜け毛が増加する症状を指します。




脱毛は産後2ヶ月くらいから6ヶ月くらいで、長くても1年以内に収まります。
ただし、産後のストレスが重なる場合や、高齢出産で体力が回復しない場合には、自然回復が難しい場合があります。




牽引性(けんいんせい)脱毛症は、ポニーテールや束髪などによって髪が過度の力で継続して引っ張られることで起こる脱毛症です。
一般的には、髪を引っ張らないような髪型に変えると症状は収まります。




批糠性(ひこうせい)脱毛症は、過度の洗髪などの皮脂の取りすぎが原因で起こります。
乾燥したフケを伴う脱毛症で、フケが毛穴を塞いで炎症を起こし、髪の成長を妨げます。




このように、女性の薄毛は自分に合った育毛シャンプーを選ぶことで、防ぐ事ができる症状が多いのです。
育毛シャンプーと正しいシャンプー法で、大切な髪を守りましょう。




posted by 髪ふさふさ at | 薄毛・抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AGAの進行を止めるには?


AGAは、思春期以降に額の生え際や後頭部の毛髪がどちらか一方、または双方から薄くなり、抜け毛が進行していく。このAGAの進行を止めなければ・・・・・

男性型脱毛症は進行性だが発症年齢は個人差があり、進行のスピードも差があるものの、早めのケアーが望ましい。

AGAはヘアサイクルのうち毛髪が成長する期間(成長期)が短くなるため、長く太く成長する前に抜けてしまう。十分に育たない細い、短い毛がおおくなると、全体として薄毛が目立つようになってしまう。

早い段階で止めなければ。。。進行が進んだ状態からでは回復にかかる時間の、費用も掛かるしまた回復する確率も低くなる。


おもな原因はDHT(ジヒドロテストステロン)、DHTがテストステロンから5αー還元酵素によって作られると脱毛シグナルが出される。

5αー還元酵素にはT型とU型の2種類がありT型は全身に広く分布するのに対し、U型はAGAが発症する頭髪の脱毛部位の毛根や前立腺など特異的に分布している。



AGAの原因に着目して開発されたのが、治療薬のプロペシアだ。
5αー還元酵素U型に対して選択的に作用して、GHTの生産を抑える、医師が処方する世界初の経口(内服)のAGA治療薬だ。世界60カ国異常で承認され日本でも2005年に認められた。



国内長期投与試験では、プロペシアとプラセボ(偽薬)の二重盲試験結果を実施、日本人にも安全性と有効性が確認された。プロペシア1mgの継続投与で服用患者の98%に抜け毛進行抑制や改善効果が認められた。



病院でもAGA外来ができるなど、最近は受け入れ態勢が整えられつつある。大阪の浜口クリニック梅田の浜口雅光院長は「AGAは、毛髪が薄くなって起きる現象です。患者は年々増えてきて、当病院でも500人ほどの患者を抱えています。治療することでかなりの確率で抜け毛を防ぐことが出来ます」と語っています。
実際に通院患者の98%で抜け毛の進行を遅らせ、そのうち6割に発毛効果が見られた。
(報知スポーツ 2009年10月20日 より抜粋)

posted by 髪ふさふさ at | 薄毛・抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク