男性用かつらの生え際の技術をアートネイチャーが開発したヌーダ(NUDA)とは?


アートネイチャーが開発したというヌーダ(NUDA)とは?


生え際の魔術師(?)とか生え際の技術とかを宣伝文句にCMを流しているアートネイチャーのウィッグ(かつら)
一時盛んにCMで流していた「産毛の技術」も生え際を目立たせないようにするためのテクニックというか技術ですね




先月ですが、新たに開発された新商品名はヌーダ(NUDA)
毛髪に関する総合サービスを提供する株式会社アートネイチャーでは、素肌に密着させると透明化する新素材「ヌーダフロント」を生え際部分に採用したメンズ新商品「ヘア・フォーライフ NUDA(ヌーダ)」を9月17日(金)より全国発売いたします。との発表でした。



女性用に開発されたアートネイチャーの新素材による新製品ウィッグがヌードファイン(nude fine)、
男性用に開発された製品名がヌーダー共に共にウィッグ(かつら))を装着したときの生え際を目立たせないようにする。素肌のような生え際を実現した商品のようです。






女性用はヌードファイン(nude fine)、男性用がヌーダ(NUDA)商品名がなかなかユニークでしかも男女商品において関連性のある商品名ですね。



アートネイチャホームページに紹介されているヌーダーの特徴をみてみると
【ヘア・フォーライフ NUDA(ヌーダ)の3大特長】(アートネイチャHPより引用 )



特長1:素肌のような生え際 「ヌーダフロント」
素肌に密着させると透明化する新素材「ヌーダフロント」を生え際部分に採用。まるで頭皮から生えているように見えるため、自在のスタイルが可能です。




特長2:髪に立体感を演出 「3D植毛」
根元から毛先にかけ、髪の色を明るくした毛髪を開発。特殊な植毛方法で立体感のあるヘアスタイルを実現しました。




特長3:毛先が細い 「テーパーヘア」
アートネイチャーだけの「うぶ毛の技術」がさらに進化。これまで不可能とされた毛先を細くする技術を初めて取り入れました。繊細な“うぶ毛”で、よりリアルな生え際を表現しています。

posted by 髪ふさふさ at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎回違う男性かつらの調整と髪型


新しいかつら専門店に通いかけて昨日で5回目でした。
今までの調髪と随分と違います。
5回目ですが、担当者は3人、担当者が代わるごとに調髪のやり方が違います。
このような大手なら技術は統一されているのだと思っていましたが、担当者でやり方が違います。




また、かつらの調整は別部屋で済ませてきますので、調髪後自分の思っている髪型と違ってもどうしようも無いような雰囲気で。。。。。次の月の調髪時に 「もう少しウェーブを強くして。。。」などというより仕方ないような状態です。



以前の男性かつら専門店は店主1人でしたし、また同じ部屋内というより目の前で調整をしてくれてましたのでそのつどいろいろな要望にこたえてくれてました。

男性用ウィッグ
男性用ウィッグと調髪

が、この店(会社)は別の部屋で調髪をするのを個室で週刊誌でも読みながら待っている。といった状態ですから出来上がったものの髪型を変更すると言うのはチョット無理なように感じます。



また、最初に担当者は出来れは中年男性で同じ人にお願いしたいと要望してますが、昨日で5回調髪に通いましたが、今までに担当者は3人でそのつど調髪の仕方、髪型が違いますので、チョット戸惑っていますいます。




やはりかつらを着用しているような場合は、こちらがお願いしているような感じを受けて、出来上がったものについては文句が言えないような雰囲気です。
立場は弱いですね。



もしも・・・「気に入らないのならどこか他を探してください」といわれたら。。。。そう思うと何も言えず”自分の思いとはチョット違う”と感じながらも納得して帰ってきます。(笑)



自分の意にかなった調髪をしてくれる人に出会うのはなかなか難しいものです。
そしてやっと意思疎通がはかれたと思ったころに「転勤です」と言われると・・・・・
大手にはこのようなことがままあるようですね。

posted by 髪ふさふさ at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性用部分かつらが。。。災難はどこにでも・・


桜の木の枝に引っかかった男性用部分かつらの笑うに笑えない、でも笑っちゃうウソのようなホント話



県下でも有数の桜の名所の明石公園。剛の池の周りの歩道の両側には沢山の桜の木があり満開時には桜のアーチが出来ます。
手を伸ばせば届くところまで満開の桜が咲きほこってます。
桜の通り抜けのような光景です。

男性用ウィッグ jpg
男性用ウィッグ

そんな明石公園でのホントの出来事(?)偶然に出合いました。
今日はあまりの天気につい明石公園でも行こうかと思って自転車で出かけました。
もちろん桜はなく、新緑の美しい葉桜といったところでした。




ママチャリに乗ってゆっくりと池の周りを一周していました。
途中でマラソンの練習をしている小学高学年のこども達を見ながらゆっくりとママチャリをすすめているとき、後ろから猛スピードで追い越す中年の男性がいました。



”こんな場所で危ないな〜〜”と思いながらその男性の通り過ごすのを見届けてのんびり進んでいるとき、何???何が起きたのか。。。?



先ほどの中年男性のはずが、、、急ブレーキで自転車を止めてバックして桜の木に引っかかっている男性用部分かつらをとり近くのトイレに駆け込みました。ホント何が起きたか。。。?



22インチクラスの自転車では葉桜の桜の枝が頭に当たるほど枝がはみ出しています。
急いでいたためにその枝に男性用部分かつらが引っかかったのでしょう。

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

医療用ウィッグの準備で抗癌剤剤治療に専念できる環境を作りましょう

男性かつら専門店の評判

男性かつらで若さと、行動力を得た感じです

男性かつらで若さと、行動力を得た感じです

医療用ウィッグの準備で抗癌剤剤治療に専念できる環境を作りましょう


見ててて笑うに笑えず。。。でも分らぬように笑いました。
でもまさかこんなところで男性用部分かつらをした人に出会うとは。。。その光景いま思い出しても吹きだします。でも本人の気持ち考えると。。。。でもでも、、(@^▽^@)




まさかまさか一瞬の出来事でした。
私も男性用部分かつらをしておりますので、その人のその時の気持ちわかります。
たまたま人通りが少なかったことが救いかも・・・・私も気を付けなければ・・(笑)
posted by 髪ふさふさ at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク