ウィッグの厄介な汗対策は?


ウィッグで一番厄介なのが「」「汗対策」です。 夏場などはちょっとしたことでもをかきます。汗は肌から出てきますので
ウィッグの下に汗がある状態ですからウィッグを外さないことには汗は拭けません。
また汗を拭くために外出先でウィッグを外して。。。。というわけには行きません。(笑えない話です。。。。)




外出先でウィッグを外せる勇気(?)があるのなら最初からウィッグを付けないでしょう。
外出先ではたとえ人がいないと思っても簡単にウィッグを外す勇気はないと思います。ウィッグを付けている人の心理は同じだと思います。




汗の話に戻りますが、そうすると汗対策はなかなか大変ですね。流れる汗を拭き取るくらいしか方法がありません。
一番の汗が速く引く方法は、クーラーの効いたところへ行くことですね。





街中などではクーラーの効いた喫茶店に飛び込むとか、地下鉄の駅構内ではほとんどクーラーが設置されているところが多いですので、クーラーの前で汗が引くまで一休みとか。。。。クーラーの効いた電車に乗る。



出来るだけ乗車人数の少ない車両の方が良くクーラーは効いてます。などなど。。。実際に外出先での汗対策はこの程度しかでき間左縁ね




フルウィッグの場合は都合によればトイレあたりに駆け込んでウィッグをとって汗を拭いて再度装着しても良いのではないかと思いますが。。。いわば帽子のような感覚ですのでこういうことも可能かと思いますが、。。。



でも夏場は暑いと思いますよ、フルウィッグの場合はネット部分が多いので風通しよく出来てはいるようですが、、それでも暑くかんじると思います。



夏場のウィッグの汗対策何かいい方法はないもうでしょうか??

posted by 髪ふさふさ at | ウィッグの効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィッグで白髪隠しか白髪染めか?


若はげでウィッグと総白髪のどちらを取るか?
某OB会の集まりで同年配の人が見事な白髪でした。


そこで部分ウィッグと白髪ではどちらの方が良いか?というはなしになり私は白髪の方が良いように感じます。
白髪のみでも十分ですが、若作りしたければ染めれば良いのではと思うのですが??。。。、
総白髪の友人はウィッグはさっとかぶればはげも白髪も隠せるし・・・・との意見


白髪が混じる程度ならともかく全体に白髪だとなかなか大変なようですね、経験がないので分りませんが、全体に髪を染めるのも簡単に自分で染めて。。。。というわけにも行かないとか???

ウィッグ 女性 変身 jpg
毛量アップにウィッグ

妻が髪を染めているのを見ますが、全体を染めるとなるとなかなか大変なようですね。美容院で染める場合は2〜3ヶ月に一回の割合で染め、それ以外は自宅でお風呂に入る前に染めていますが、私のように簡単ではないようですね。きっと全体が白髪の人はこれと同じような思いだろうと思います。



その点、部分ハゲなら部分ウィッグを付ければ簡単にかくせるし染めることもないので簡単だろうと言うのですが、

ウィッグ装着者側からすれば、まず一番が費用が高くつく。インターネットで販売しているウィッグの値段を参考にしているらしいが、自分の頭に合った(ハゲた部分にあった)オーダーメイドウィッグとなると40万以上はします。

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

ウィッグの松坂慶子さん流「ウィッグの楽しみ方」
ウィッグの寿命ってどれくらい?
新しいウィッグは使いやすいですか??
女性の脱毛症の割合は?
女性ウィッグと男性ウィッグの意識の違い

(大きさにも大いに関係します。手のひら程度になれば50万前後です。それも2.3年程度しか持ちません)2番目に何となくうっとおしい 3番目に思いっきりスポーツが出来ない(ウィッグを付けた状態で汗をかくと後が大変です。)などなど。。。

ウィッグ 女性 変身
ウィッグで変身

結局、ウィッグとも白髪とも結論が出ないままグラス片手にわいわいがやがや賑やかなOB会。中には抗がん剤治療中の仲間がいて脱毛が起きたとか。。。このメンバーなら今さらウィッグで無理しなくともスキンヘッドで出席しても誰も気に留めないでしょう。そろそろウィッグのはずしどころかな(笑)〜〜〜


posted by 髪ふさふさ at | ウィッグの効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィッグ生活でブログを書いています。


a016-ウィッグ生活でブログを書いています。

ウィッグ生活 ブログ 1200000


テキスタイルデザインの仕事をしております。
ウィッグは20歳代に精神的に落ち込んだ時期がありそのときに出来た10円玉ハゲを隠すのに作ったウィッグ(当時はかつらというほうが一般的でした)が最初でその後現在まで約2年程度で新しいウィッグを注文っしながらウィッグ生活が続いています。



そしてまたそれらをブログに書いてみようという気になりました。
でもデザインの仕事をしているかぎりウィッグ生活を続けていることでしょう。
またブログも定期的にも更新するつもりです。


当初は5センチ程度だったと思います。それが月日を重ねるごとにだんだんと大きくなり現在では手のひら程度の大きさまで進んでいますが、年齢から見てごく自然な形かもしれません。



悔やまれるのはあの時(10円玉ハゲ)ウィッグなどせずにそのままほって置けば治っている可能性が高かったようです。
単発型の円形脱毛症だったのですから・・・・。
ほとんどの10円玉はげ(部分はげ)は治るらしいです。。後で知りました。



散髪屋さんの言われるままに作った一つのウィッグが後々まで尾を引いて未だにウィッグから抜け出ることが出来ません。
もう約40年ウィッグの生活が続いています。



頭のハゲたおっさんにファッションが分るか?と言われているような気がして現在までウィッグを愛用するようになりました。

ウィッグのメリットは十分に感じています。この仕事を続けている以上はウィッグを着用すると思います。
またそれだけの値打ちは十分にかんじています。


ウィッグは若返れますね。ウィッグを付けていなければ相応の歳に見られるでしょうが、ウィッグのお蔭で少なくとも10才は若く見られます。



posted by 髪ふさふさ at | ウィッグの効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク