人毛ウィッグは色抜きして染め直すことが出来ます。


人毛ウィッグの場合は1年もすると色褪せてきます。
ウィッグを色抜きをして再度染め直さねばならないかもしれません。



なぜか? 自毛の髪の色とウィッグの髪色が違いすぎるとウィッグだとすぐに分ります。
人工毛は色褪せすることがありませんが、人毛の場合は、褪色して染めなおさねばなりません。


人毛ウィッグのメリットは?
・自然な感じ。
・人工毛と比べると、手触りがとても良い。
・太陽の光にあたっても輝き方が自然。
・毛染めが可能。
・自毛との馴染みがよい。
など長所もありますが、最近は人工毛が主流です。



部分かつらを自分の頭に合わせて発注した場合は、発注から出来上がりまでは約1ヶ月少々で出来上がってきます。
出来上がってきたかつらを自分の頭髪に合わせてカットしていきますが、当然ながら切りすぎると元に戻すことは出来ませんので結構神経を使うらしいです。


また髪型も短くしすぎると途中から「長めの髪に・・」というわけにはいきませんので、こちらとしても慎重に髪型を決めないといけません。

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

ウィッグもオーダーメイドでは高額ですね
女性ウィッグをアデランスで購入する中年婦人
退社後30年ぶりに出会う仲間は・・
ウィッグは強風にも雨にも弱い。
かつらボクサー 小口雅之とは?


セット・ウェーブなどは後々いくらでも変更できます。
ウェーブも新しいうちはなかなかセットが取れにくく自分で洗髪しても乾かすだけで元通りの髪型に戻ってます。最近は髪質も改良されて記憶繊維の毛髪を使ったかつらですので洗っても乾かすだけで元の髪型に戻ります。



サロンでのセット自体もそれほど強くかけずに出来るだけ自然に見える程度のウェーブをかけますが、2年程度経過するとセットも崩れやすくなります。


日日ブラッシングなどしますのでそのときにだんだんとウェーブがなくなっていきます。
また繊維自体の記憶も失われていくのでしょうか、強めの温度でのセットをするのですがどうしても崩れずやくなっていきます。



また髪質(繊維)自体の艶がなくなりカサカサとしたように感じます。そのような場合は艶出しスプレーで補います
posted by 髪ふさふさ at | ウィッグのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいウィッグは使いやすいですか??


新調したばかりのウィッグ使いやすいという点では最初はちょっと馴染まないですね。。。
新調したばかりのウィッグは、どうしてもベース自体もしっかりしていて(少し硬い目)ちょっと頭にそいいにくく感じます。



また髪も少し長い目にカットされています。
これは自毛なら切りすぎても伸びてきますが、ウィッグの場合は髪が伸びることはありません(当然です)それゆえにもし切りすぎるとどうにもなりませんので、最初の一ヶ月程度は様子見といったところでしょうか?2回、3回と散髪に通うたびに少しずつ合わせていくような感じですね。




またベース自体も頭に沿ってきますので、最初の硬さも感じられなくなります。また髪の(人工毛)セットも最初の時よりも2ヵ月、3ヶ月程度経ったときのほうがセットが長持ちするといってました。
使いやすいと思うのは2〜3か月後くらいからでしょうか・・?




新しいうちの人工毛は(記憶繊維)調整時にセットした髪型は一ヶ月程度では崩れることはありません。がだんだんと古くなってくると繊維も傷んでくるのでしょう。



洗髪後もとの形に戻りにくくなります。が新しいうちは自宅で洗髪しても乾かせば元のセットした状態に戻ります。



が、あまり強い熱を加えると(ドライヤーなどで)セットしなおす状態になりますのでもとには戻りません


良い方法(ヘアーサロンなどでも)は洗髪後、洗濯機で5分程度回しますと水分が飛びますので(乾いた状態になります)ブラッシングするだけで元セットした状態に戻ります。



(注意)ウィッグを洗濯機に入れるときはウィッグをそのまま入れてはいけませんよ、少し大きめのタオルなどにやさしく包んで入れるようにしてください。

posted by 髪ふさふさ at | ウィッグのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィッグの寿命ってどれくらい?


初めてウィッグを注文される場合、果たしてどれくらいの寿命があるのか?ちょっと知りたいですよね。。。。


メーカーではあいまいな返事ではっきりと答えてくれないところもあります。
問い合わすとこのような返事です。



ウィッグの寿命はお客様の使い方などによって大きく変わりますので一概に何年とは申し上げにくいです”
で、なおも食い下がって聞き出すと



”使い方によるということを考慮いただいたうえで。。。。3〜5年です。”
というような返事が返ってくると思います。




ウィッグの傷むおもな原因は、ベース(人口肌)が痛んでくるのと同時にベースまたはネットに植えつけた毛髪(人工毛、人毛)がブラッシング等で抜けます。



また、髪の艶もなくなり、カサカサした感じがしますが、ベースの痛みと抜け毛がおもな原因です。



私は今までに約15個近く注文してます。(すべて自分用です。)約2年に一度の注文になります。
ウィッグだと分らないようにするなら寿命は2年長くとも3年弱と考えておくのが無難です。



今回のウィッグも40万円弱でしたので、最初からするとウィッグの代金のみでも大変な金額になります。


プラス調整料(要は散髪代金)その他の付属品(テープ、ワンタッチクリップ、艶出しスプレーなどなど
を合計しますと大変な金額になります。


それゆえに友人たちにきかっれると「頭に高級外車が乗ってます」と話しています。



今はネット上でも安価なウィッグが販売されていますが、部分ウィッグの場合はやはり自分の頭に合わせたウィッグをオーダーすることになりますから、そこそこの値段(25万〜50万)にはなるのではないかと思います。


それなのに2年程度の寿命しかありません。男性用ウィッグって本当に高く付きますよ!!!


posted by 髪ふさふさ at | ウィッグのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク