男性用かつらの生え際の技術をアートネイチャーが開発したヌーダ(NUDA)とは?


アートネイチャーが開発したというヌーダ(NUDA)とは?


生え際の魔術師(?)とか生え際の技術とかを宣伝文句にCMを流しているアートネイチャーのウィッグ(かつら)
一時盛んにCMで流していた「産毛の技術」も生え際を目立たせないようにするためのテクニックというか技術ですね




先月ですが、新たに開発された新商品名はヌーダ(NUDA)
毛髪に関する総合サービスを提供する株式会社アートネイチャーでは、素肌に密着させると透明化する新素材「ヌーダフロント」を生え際部分に採用したメンズ新商品「ヘア・フォーライフ NUDA(ヌーダ)」を9月17日(金)より全国発売いたします。との発表でした。



女性用に開発されたアートネイチャーの新素材による新製品ウィッグがヌードファイン(nude fine)、
男性用に開発された製品名がヌーダー共に共にウィッグ(かつら))を装着したときの生え際を目立たせないようにする。素肌のような生え際を実現した商品のようです。






女性用はヌードファイン(nude fine)、男性用がヌーダ(NUDA)商品名がなかなかユニークでしかも男女商品において関連性のある商品名ですね。



アートネイチャホームページに紹介されているヌーダーの特徴をみてみると
【ヘア・フォーライフ NUDA(ヌーダ)の3大特長】(アートネイチャHPより引用 )



特長1:素肌のような生え際 「ヌーダフロント」
素肌に密着させると透明化する新素材「ヌーダフロント」を生え際部分に採用。まるで頭皮から生えているように見えるため、自在のスタイルが可能です。




特長2:髪に立体感を演出 「3D植毛」
根元から毛先にかけ、髪の色を明るくした毛髪を開発。特殊な植毛方法で立体感のあるヘアスタイルを実現しました。




特長3:毛先が細い 「テーパーヘア」
アートネイチャーだけの「うぶ毛の技術」がさらに進化。これまで不可能とされた毛先を細くする技術を初めて取り入れました。繊細な“うぶ毛”で、よりリアルな生え際を表現しています。

posted by 髪ふさふさ at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク