男性用のヌーダ(NUDA)レディース用ヌードファイン(Nude fine)の購買比率


毛髪業社、アートネイチャ-CM、野際陽子さん、松坂慶子さんを起用したヌードファイン(Nude fine) 、一方男性用には西田敏行さんを起用してのヌーダー(NUDA)



どちらの「商品名」もなかなかよく出来ていますね(笑)
商品説明等を見てみると、なおさらに商品名のヌーダ、ヌードファインのイメージがわくように感じますね。



かつらでは生え際をうまく処理するのが難しいのですが、そこを透ける素材等をうまく利用して生え際を目立ちにくくすることなんでしょう。



アートネイチャ-がどのような理由でヌーダとヌードファインの商品名にしたかは知りませんが、私が想像するにはnudeからの連想ではないかと思いますが・・・・




ウィッグ(かつら)って男性、女性の割合はどちらが多いかというと断然女性の割合が多いようです(購入割合また着用割合)



それらはテレビCMの流れる頻度にも影響するのでしょうね。
男性用ウィッグ(かつら)のヌーダ(NUDA)とレディース用ヌードファイン(Nude fine)のCMの流れる回数はヌードファイン(Nude fine)の方が多いようです。



当然の如く商売になるからCMを流す。
CMを流すから売れるんでしょうが、市場が少ないところでいくらCMを流しても売れませんよね。
レディース用ウィッグ(かつら)にはそれだけの市場があるということなんでしょう。




女性は髪に対する願望(?)が男性よりも強いと思います。・・・髪は女の命・・・とまでいわれるくらいですからね。女性にとって髪はなくてはならないものかもしれません。


posted by 髪ふさふさ at | ウィッグ使用例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク