男性用部分はげの原因は?治療すればよかったのに・・かつら生活の始まり?


かつら生活の始まり?
男性用部分はげの原因は?
治療すればよかったのに独立し間もないころで時間の余裕がなく部分かつらをしたのが、かつら生活の始まり??

20代半ば、やっとのおもいで独立して仕事も順調に受注できている。が、毎夜の如く遅くまで机に向かっていました。2~3日に一度は朝方までの仕事が続きました。
まあ?独立して間のない時期でした。


何度も何度も修正が入り、何日も徹夜する日もありましたが、自分が望んだ仕事でしたのでそれほど辛いとは思いませんでした。


そんなある日、行き付けの散髪屋に出向くと、”どうしたのこんなところに10円ハゲが出来ているで” なな・・何、なぜ。。。。。絶句。。。。

来月に親の薦めで見合いをしなくてはならないのに。。。。すると散髪屋の主人が部分かつらがあるから と勧めてくれました。
当時(昭和48年ごろ)のお金で45000円だったと記憶してます。


当時の金額としては結構な金額だったが、仕事も順調だったしさほど金額的には苦になくまた一人身の気楽さから簡単にその日のうちに注文しました。


部分かつらの大きさは直径が4~5センチ前後。
特殊な両面テープで貼り付けるタイプのもので通常の生活(風などで)でははがれることはないそうです。
よく遊園地のジェットコースターに乗っていましたが頭を気にしている様子はありませんでした。。


0円ハゲといってもその部分が完全につるつるになっているわけではありませんので部分かつらを接着するためにその部分をかみそりで剃って接着テープで貼り付けていました。
最初は親の薦めの「見合いが終われば」外すつもりだったのですが。。。。


ストレスによる一時的なハゲは時がたてば直るといわれますし。2~3ヶ月もすれば元通りに直るらしいです。
が1ケ月程度で散髪屋に行くとまだ生えきってないとかでまた部分かつらを密着させるためにその部分をかみそりで生えかけている毛をそり落としていました。
posted by 髪ふさふさ at | 男性かつら(ウィッグ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク