医療用ウィッグ(かつら)の使用時期と女性


女性の場合、医療用ウィッグ(かつら)は病院では就寝時もウィッグ(かつら)をつけていることが多いようです。
退院して自宅で療養する場合には、就寝時は外されるようですが、病院の個室以外ではやはり医療用ウィッグ(かつら)を装着しているようですね。


個室の場合も、いつ看護婦さんが来られるか分らないので、たとえ個室でも医療用ウィッグ(かつら)を装着したまま休まれるという方が多いと聞きます。



医療用ウィッグ(かつら)の使用期間は抗がん剤治療をはじめてから脱毛が始まり、頭髪が抜けて、次の生えてくる期間だけになりますから、それほど高額な医療用ウィッグ(かつら)は必要ではないかと思いますが・・・・・


抗がん剤治療が終れば髪は生えてきます。
半年もすればウィッグ(かつら)が必要でない状態になるでしょう。



ありがとうございます。 ●よく読まれているページ


紹介された男性かつら(ウィッグ)専門店  

育毛剤リリィジュで頭皮ケア
 
薄毛に似合うヘアースタイルがある  
 
白髪とウィッグ(かつら)  

ウィッグ装着者にはスポーツでの汗をかけない  



身近に抗がん剤治療で脱毛がおきキャップを使用して女性がいたのですが、数ヶ月したときに出あったときはまるでアイコニックのベビーショートと同じ髪型でしたが、非常に魅力的でした。


その印象が強かっただけにアイコニックの短髪でのイメージ写真は強烈で、非常に魅力的に感じました。
アイコニックも当初からは大分髪も長くなったように感じますが、今度どうするのでしょうね。。(??)どうでも良い話ですが。(笑)



医療用ウィッグ(かつら)の変わりにバンダナとかキャップを使用される方も多くおられます。
男性の場合はそのままスキンヘッドで過ごされる方もおられますが、男性では医療用ウィッグ(かつら)を使われる人は少ないでしょう。

女性となるとさすが、スキンヘッドは抵抗があるようで医療用ウィッグ(かつら)、キャップ(帽子)、バンダナなどを使われるのが多いです。


posted by 髪ふさふさ at | 医療用かつら(ウィッグ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク