女性ウィッグと男性ウィッグの意識の違い


女性の場合は男性と違って部分的にハゲるってことは少ないのではないでしょうか? 男性の場合は歳とともに薄くなっていくのはごく自然な形かもしれません。
30代または20代後半から薄くなりかけるという場合もあります。




女性の場合で部分的にはげてきたと言う人は少ないと思います。
ストレスによる10玉ハゲなどまたは怪我とか火傷などで部分的に髪を失う場合もありますが、歳ととも薄くなり禿げてきたというような女性は少ないでしょう。(あまり聞いたことがないですね)




また女性の場合は部分的に髪を失った状態でもfフルウィッグ(頭全体のウィッグ)をするとかしてもそれほど違和感はないですね ”ちょっとヘアースタイルを変えてみたの”程度ですみますね。




でも男性の場合は部分的にはげているだけでフルウィッグを利用する人は少ないと思います。
それよりもはげている部分のウィッグ(部分ウィッグ)を作ったほうが違和感はなくまた目立ちにくいように感じます。




それにウィッグって結構暑いですよ。夏などは少しの運動でも汗を書きます
ウィッグは出来るだけ小さい方がいいですね。わざわざある自毛を隠してまでフルウィッグにする必要なないのではないでしょうか?




女性ウィッグと男性ウィッグを比較するとちょっとした違いがあるように感じます。
女性の場合は:薄くなった髪のボリュームアップとか、白髪を隠すためとかイメージチェンジの為などなど
男性の場合は:明らかにハゲを隠すためです。(植毛・増毛とウィッグとは明らかに違います。)

posted by 髪ふさふさ at | 女性ウィッグ(かつら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク