女性の脱毛症の割合は?


女性は男性に比べて薄毛や抜け毛が少ないと言われています。
しかし、薄毛に悩む女性は少なくありません。



薄毛の原因は様々ありますが、男性に比べて、女性の薄毛は改善の可能性が高いと言われます。


女性の薄毛には、最も多い薄毛のタイプの瀰漫性(びまんせい)脱毛症や、分娩後脱毛症、牽引性(けんいんせい)脱毛症、批糠性(ひこうせい)脱毛症、皮脂の過剰分泌が原因の脂漏性(しろうせい)脱毛症などがあります。




髪が全体的に薄くなるのが特徴の、瀰漫性脱毛症は女性のみの脱毛症です。
特に髪の分け目のあたりが薄くなり、皮膚が見えるようになります。


30代後半以降の女性に多く見られる症状です。
AGA(男性型脱毛症)とは違い、生え際の後退は見られません。
原因としては、老化、極度のダイエット、ストレス、経口避妊薬(ピル)、過度のヘアケアなどが挙げられます。




分娩後脱毛症は、妊娠後期に女性ホルモンの影響で長く成長期にあった髪が、出産後に女性ホルモンバランスが正常に戻って、一気に髪が休止期に入り、抜け毛が増加する症状を指します。




脱毛は産後2ヶ月くらいから6ヶ月くらいで、長くても1年以内に収まります。
ただし、産後のストレスが重なる場合や、高齢出産で体力が回復しない場合には、自然回復が難しい場合があります。




牽引性(けんいんせい)脱毛症は、ポニーテールや束髪などによって髪が過度の力で継続して引っ張られることで起こる脱毛症です。
一般的には、髪を引っ張らないような髪型に変えると症状は収まります。




批糠性(ひこうせい)脱毛症は、過度の洗髪などの皮脂の取りすぎが原因で起こります。
乾燥したフケを伴う脱毛症で、フケが毛穴を塞いで炎症を起こし、髪の成長を妨げます。




このように、女性の薄毛は自分に合った育毛シャンプーを選ぶことで、防ぐ事ができる症状が多いのです。
育毛シャンプーと正しいシャンプー法で、大切な髪を守りましょう。




posted by 髪ふさふさ at | 薄毛・抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク