女性用ウィッグの人工毛のメリット・デメリット


女性用ウィッグにも大きく分けて、頭をすっぽりと覆うことができる「フルウィッグ」と毛の少ない部分のボリュームアップまたは白髪を隠すとか、また分け目の薄毛部分を隠すための「部分ウィッグ」の2種類があります。
またウィッグの髪質にも人工毛と人毛があります。

人工毛と人毛のメリット・デメリットなども見ていきたいと思います。

女性にとって、髪はお洒落をするうえでとても重要な部分です。
また、髪型1つで随分若返ったように感じます。やはり女性にとって髪は「女の命」ですね


抗がん剤投与で一時的に髪を失った場合などに使用する「フルウィッグ」とか、また事故、火傷等で部分的に髪を失ったとかの場合には「部分ウィッグ」を、最近は髪にボリュームを出すために使用してお洒落を楽しむとか用途もいろいろです。

★ウィッグには 人工毛と人毛がありますがそれぞれにメリットとデメリットがあります。★

人工毛ウィッグのメリットは?

・洗髪しても、スタイルが崩れません。
・水を弾くので乾かしやすくて便利です。
・色あせ、褪色することがありません。
・セットはしなくていいので楽です。

 (最近は記憶繊維などで作られていますので洗髪後乾かすだけで元のセットした状態にもどります。)

人工毛ウィッグのデメリットは?

・光沢が人工毛特有のものになります。
・水を弾くので雨の日などは不自然な感じに。
・髪染が出来ません。
・手触りがあまりよくありません。
 +最近は非常に人毛にた人工毛が開発されています。



人毛ウィッグのメリットは?

・自然な感じ。
・人工毛と比べると、手触りがとても良い。
・太陽の光にあたっても輝き方が自然。
・毛染めが可能。
・自毛と同じパーマ液を使ってパーマが可能。
・スタイリングが思いのままできる。
・水を弾かない。
・自毛との馴染みがよい。


人毛ウィッグのデメリットは?

・色あせ、褪色するので定期的に髪染が必要となります。*これは最大のデメリットです。
・毛が絡みやすいという特徴があります。
・一般的には人工毛に比べて割高です。




posted by 髪ふさふさ at | ウィッグのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク