医療用ウィッグで脱毛症をカバー


ウィッグには部分ウィッグとフルウィッグ(総かつら)がありますが、抗がん剤の治療後に使用する医療用ウィッグはフルウィッグになります。
また脱毛症で部分的または全頭ににおいて脱毛が起きた場合なども医療用ウィッグなどでカバーすればよいですね。


医療用ウィッグだといって通常のウィッグと差があるわけではありません。
抗がん剤治療等で脱毛時に使用するので医療用ウィッグと呼ばれているだけで
通常のウィッグと違いはありません。

ウィッグ 女性 変身
脱毛も医療用ウィッグでカバー

部分ウィッグはトップの一部分が薄くなっているとか、分け目の薄さを隠すためとかまた部分的な白髪とかボリュームアップに部分ウィッグを使うのに対して、医療用ウィッグは抗がん剤治療また薬害などで毛髪が一時的脱毛または病気等で毛髪をなくされたよう場合は医療用ウィッグを利用することが多いようです。


抗がん剤治療の副作用で脱毛が起きたような場合は、医療用ウィッグばかりでなく、帽子、バンダナなどを利用している人もおられます。



抗がん剤の種類・量・投与期間によっても、脱毛の程度は変わりますし、同じ薬剤を投与していても、脱毛や発毛の程度やスピードは人によって違いますので、事前に医師に相談して脱毛が起こるようなら早い目に髪をショートカットにするとか、医療用ウィッグを準備しておくのも良いでしょう。


抗がん剤治療をしたからと言って必ず脱毛が起きるとは限りませんが、高い確率で・・ほとんどの人が・・・脱毛が起きるそうです。


脱毛が起こってからでは気がめいって一層不安になりがちですので、余裕を持って早い目に脱毛に対する準備と心づもりをしておきましょう。
その一つが医療用ウィッグです。


また抗がん剤治療をする前には長髪の方は長い黒髪をばっさり切るのは抵抗があるかもしれませんが、抜け落ちる髪を見るのはそれ以上の苦痛を感じるでしょう。


同じ髪が抜けるにしても長い髪よりも短か目の髪の方が精神的な不安は少なく感じるでしょうから短髪にしておくことです。


またウィッグのカットなども出来れば自分でかぶった状態でカットしてもらうととても自然に仕上がります。

またちょっと気を付けたいことは、脱毛が起きる前と起きた後では頭の周囲の大きさが違いますので脱毛した状態のことを考慮して医療用ウィッグをえらびましょう。


抗がん剤治療という精神的にも不安に感じる治療です。治療以外の問題は出来るだけ軽減できる処置を取って治療に専念できる環境を作っておきましょう。

posted by 髪ふさふさ at | ウィッグって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク