医療用ウィッグで抗がん剤治療の脱毛を乗り切ろう


ウィッグが必要と感じるときに・・?、抗がん剤治療の副作用として脱毛した時に医療用ウィッグは欠かせないものですね。


特に女性にとってはがん治療と同程度に悩まれる人さえいます。”髪は女の命”というのが分ります。


聞くだけでも不安で怖~い「がん」という言葉、その上に治療中に脱毛が始まるなんてショックも相当なものです。
少しでもショックを和らげる意味でも医療用ウィッグを事前に準備されることをお勧めします。

ウィッグ 女性 変身
抗がん剤治療の副作用で脱毛、ウィッグでカバー

脱毛が起きてからあわてるのでは治療にも専念できません。
抗がん剤治療をすると決まれば早めに医療用ウィッグの準備をしておくとよいですね。
下記のように必ずしも脱毛が始まるとは限りませんが、抗がん剤治療は高い確率で。。。というよりほとんどの人に脱毛はおきます。


がん細胞は分裂、増殖の速度が速いという特徴があります。
抗がん剤は活発ながん細胞を攻撃しますが、同じような特徴を持つ正常細胞にも抗がん剤が攻撃してしまいます。
脱毛もそのひとつです。 そんな脱毛の心配事をとりのぞいてくれるのが医療用ウィッグでしょう。


抗がん剤の種類・量・投与期間によっても、脱毛の程度は変わりますし、同じ薬剤を投与していても、脱毛や発毛の程度やスピードは人によって違います。


まれに抗がん剤治療でも脱毛が起きない人もいます。
また、脱毛の度合いは投与される種類によって異なりますので事前に医師に相談するのも良いでしょう。

抗がん剤治療を安心して受けれる環境づくりのためには脱毛の備えはしておきましょう。


抗がん剤を投与して2〜3週間で脱毛が始まるますので、事前に脱毛に備えて準備をしておくのも良いでしょう。

医療用ウィッグでなくとも帽子、バンダナなども利用できます。
posted by 髪ふさふさ at | ウィッグ使用例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク