ウィッグで抗がん剤治療も乗り切ろう


ウィッグが必要になるときに、抗がん剤治療よる脱毛があります。
抗がん剤治療では多くの人がウィッグを利用されるようですね。
大きな病院では病院内にウィッグの専門店が入っているところもあるようです。
つまり、抗がん剤治療をすれば脱毛が始まる確率が高くウィッグを必要とされる方が多いということでしょう。
抗がん剤治療はおおむね脱毛すると考えといてよいでしょう。

3ウィッグ 女性 変身-3.jpg
抗がん剤治療の副作用脱毛もウィッグでカバー

抗がん剤治療中に脱毛が始まり不安で治療に専念できないようなことのないように予備知識として抗がん剤と脱毛についての心の準備も必要でしょう
また主治医とも相談して脱毛が起きるようならウィッグを早めに準備しておくのもよいでしょう。



治療に使う薬剤にもよりますが、抗がん剤治療には脱毛は切り離せない副作用かもしれません。
特に若い女性などは脱毛によるショックが大きいようですので事前のウィッグまたは帽子とかバンダナなど脱毛した時の準備を早めにし置くことで治療に専念できるかもしれません


抗がん剤はがん細胞だけを狙い撃ちするものではなく、実際には分裂の速い細胞を殺すように開発されています。

体の中には血液細胞、口腔粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞など、がん細胞よりも分裂の速い細胞があります。
そのため大量の抗がん剤を使うとこれらの正常細胞がダメージを受けやすく、脱毛をはじめ副作用が現れます。

■ありがとうございます・・・【よく読まれているページ】

ウィッグでボリュームアップしてイメージチェンジしよう
女性の薄毛、ウィッグでカバーできます。
医療用ウィッグで抗がん剤治療の脱毛を乗り切ろう
医療用ウィッグで脱毛症をカバー
女性の薄毛による悩みは深刻


知人で抗がん剤治療で脱毛した人(40代女性)がいますが、脱毛が始まった時のショックは耐え難いものだったと聞きました。
その女性からの表現ではバサッバサッと抜けていくといってました。




治療終了後3〜6ヶ月で髪は再び生えてきます1年もすればショートカットのヘアースタイルに出来るでしょうからその間ウィッグでカバーしながら治療に専念できる環境を整えましょう。
posted by 髪ふさふさ at | ウィッグ使用例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク