女性だってはげ(ハゲ)るんです。


女性だってはげ(ハゲ)るんですよ。
女性のウィッグはさほど違和感もなく受け入れられます。
むしろおしゃれ用ウィッグとして積極的に取り入れている女性も少なくありません。

ウィッグ 女性 変身
女性おしゃれ用ウィッグ

が、出来ればウィッグではなく自毛でカバーできれば言うことないですね!
薄毛、抜け毛、はげ(ハゲ)のカバーにはウィッグがてっとり早いですが、費用面とか装着等の煩わしさを考えれば自毛に勝るものはないですよ。


でもでも最悪はげ(ハゲ)た場合はウィッグがあります。(笑)



はげ(ハゲ)といえば男性特有のもののように思われていますが、いえいえどうして女性だってはげ(ハゲ)るんです。


本来は女性ははげ(ハゲ)ないはずなのですが・・・・



髪全体が薄くなり、分け目や頭頂部の皮膚が透けて見える脱毛症を「びまん性脱毛症」と言いますが女性に一番お多く見られる脱毛症です。



更年期前後によく見られ、ホルモンのバランスの乱れやストレス、ダイエットによる栄養不足や間違ったヘアケアなどが原因で女性だって禿げることが多いようです。


現在のいろいろな病気、病状などにおいてもよく聞くのが「ストレス」です。
過度のストレスは現在病の引き金であったりします。

ウィッグ 女性 変身 ハゲ
女性おしゃれ用ウィッグ

髪においても過度のストレスは円形脱毛症の原因にもなることが指摘されているように、薄毛、脱毛、はげ(ハゲ)の原因としてストレスに起因することはよくあります。
ヘアケアの第一歩はストレスを蓄積させないことです。



バランスのとれた食生活、ストレスを貯めない規則正しい生活をしていれば本来は女性ははげ(ハゲ)ないものなのです。
それでもはげ(ハゲ)ればてっとり早くおしゃれと薄毛、ハゲをカバーできるウィッグがあります。
posted by 髪ふさふさ at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハゲ隠しの男性ウィッグ、おしゃれ用の女性ウィッグ


男性ウィッグ(かつら)の場合は「剥げている」ので男性用ウィッグ(かつら)を使用している。

男性でちょっと薄毛が目立つからとかまた、白髪が目立つから男性ウィッグでカバーするというようなことはほとんどないのではないでしょうか?


いわゆるおしゃれ用にウィッグ(かつら)を使用するということは一般的にはあまりないように思われます。

(最近は若者においてはウィッグでイメージチェンジ(?)という場合もあるようですが・・・)


男性用ウィッグ(かつら)の場合は、あまり人に見られたくないという意識なのでしょうか?


最初に行った男性用ウィッグ(かつら)店でなじになるとなかなかに店を変えることができないようですね。
散髪は。。”ちょっと新しい店ができたので覗いてみるか?”

男性ウィッグ(かつら)の場合は。新しいい店ができたのでちょっと覗いてみるか?と言って調髪に出かけることが難しいのが男性ウィッグ(かつら)店なのかもしれません。

男性用ウィッグ jpg
男性だってウィッグでおしゃれ

反対に女性の場合でも怪我、病気などで禿げている人もいますが、多くの女性が、おしゃれ用にウィッグを利用される方が多いようです。

薄毛隠しであったり、白髪隠しであったり、髪のボリュームアップであったり、おしゃれようにウィッグを利用される方が多いのです。


またそのような方にはウィッグは最適な道具(?)なのでしょう。ウィッグで薄毛を隠して髪のボリュームアップするだけで随分と若返って見えます。
洋服で飾るよりウィッグを付けることでの変化の方が大きく効果的ではないでしょうか?

ウィッグ 女性 変身 jpg
ウィッグで変身

そんな事情での女性ウィッグの場合は比較的簡単にお店を変えることが出来るでしょう。
またウィッグ選びにおいても”試着できます。”という看板のもと、人前でも堂々とウィッグを付け替えて自分にあった商品を探しているのが羨ましいですね(笑)

posted by 髪ふさふさ at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク